オバサンBの週末asobi


~北九州に移り住み、早2年過ぎ。週末のasobiはなくなりましたが、相変らずの酒飲み二人^^y♪。
by marorin088
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
タグ
以前の記事

タグ:建物 ( 58 ) タグの人気記事

~筑豊・炭鉱王の邸宅へ。⑦

b0203919_9262885.jpg


~二階の北棟、白蓮さんの居室。

一番いい場所にその部屋はあります。


b0203919_9273514.jpg


広大な日本庭園が一望できる見晴らしの良い部屋。


b0203919_9281244.jpg


東南アジアから来た観光客(若者たち)が、
ガイドさんと共に興味深げに見学していました。

b0203919_9291023.jpg


庭園の中も見学可能です。


b0203919_9301577.jpg




b0203919_9312618.jpg




b0203919_9322431.jpg


手入れが行き届いた、とても広くて美しい回遊式庭園です。

季節的に花はあまりありませんでしたが、
春夏秋冬さまざまに美しいことでしょう。


b0203919_9335677.jpg





b0203919_9344993.jpg


芝生の緑がとてもきれいな景色。

b0203919_9354798.jpg


<庭園への入口>


b0203919_9362847.jpg


旧伊藤伝右衛門邸、とにかく広大、すごいです。。
贅を尽くした建物と内装、家具などはどれもこれも素晴らしい!。

くるっと見て回っても15分くらいでたいしたこと無い思っていたN氏は絶賛。

敷地面積約7570平方メートル、建物延床面積約1020平方メートルの広さ。
ガイドさんの案内で建物内を廻ると約2時間ほどかかるそうです。

旧伊藤伝右衛門邸は一度見るべき歴史的建築物ですよ。

<2015年9月4日・訪問 滞在時間・約14:15~15:12>
by marorin088 | 2015-10-17 10:13 | ◆建築物(建物・内装) | Comments(0)

~筑豊・炭鉱王の邸宅へ。①

b0203919_20103884.jpg


~2015年9月4日(金) 14:00ちょっと過ぎ。

千石キャンプ場を後に。。。

脇田温泉・楠水閣旅館にある温泉でひと風呂浴び、
30分ほどかけこちらの施設へ。


b0203919_20114972.jpg


4~5年前より来たかった場所ですが、
NHKの朝ドラで有名になってしまい、ちょっと行けずじまいの状態でした。


b0203919_20133197.jpg


平日ですが、やっぱり人が多い!!!。

それも外国の方達がたくさんです。


b0203919_20524351.jpg





b0203919_2016244.jpg


さてさて、やっと行きたかった邸宅へまいります^^y~。
by marorin088 | 2015-09-16 21:05 | ◆建築物(建物・内装) | Comments(0)

~大宰府にて。(九州国立博物館)

b0203919_20253570.jpg


~2015年6月4日(木) 12:30頃。
ひさしぶりに九州国立博物館へ。

駐車場はがらがら。
大きな展覧会もなく平日ということで、人が少ないのでしょうか。。。


b0203919_2028277.jpg




b0203919_20355467.jpg


エントランスホール


b0203919_20334270.jpg


4階の文化交流展示室 (常設展示室)へ。

床面積約3900平方メートルの広々とした展示室。(写真撮影不可)

とにかく広くてすごい展示品の数々。
これだけで見ごたえあり^^y。

『日本文化の形成をアジア史的観点から捉える』をモットーに、
日本とアジア諸国との文化交流の歴史に焦点をあてた展示を行なっています。(HPより)

b0203919_20382473.jpg


この建物だけでも見る価値ありますよ。

b0203919_20405712.jpg


■九州国立博物館 (きゅうしゅうこくりつはくぶつかん)

2005年(平成17年)10月 開館

設計・監理:菊竹・久米設計共同体
((株)菊竹清訓建築設計事務所と(株)久米設計の共同設計)


b0203919_20422391.jpg




b0203919_20441750.jpg


虹の動く歩道。

美しく七色に変わる光に吸い込まれ、
タイムスリップする感覚になる長いトンネルです。


b0203919_20452653.jpg


歩道&エスカレーターでトンネルを抜けると大宰府天満宮への道です。
by marorin088 | 2015-06-21 08:20 | ◆美術館・博物館≪展覧会≫ | Comments(0)

~小倉北区の裏通りを散策す。

b0203919_1651559.jpg


~2015年4月5日(日) 13:10頃。

北九州市小倉北区の裏道界隈を散策中。

ぷらぷら~と日頃は歩かない道を歩きます。
目の前にサクラ草がとってもたくさんできれいな景色が・・・。


b0203919_1653877.jpg



b0203919_1683184.jpg


面白くていい感じのレタリングが壁面に書かれていますね。



b0203919_169214.jpg

いつか食べに行ってみたい店ですね^^♪~。


b0203919_16101813.jpg


看板のない店。

シンプルでおしゃれな雰囲気。
・・・・・・・・?でも、何の店かしら???。


b0203919_16133629.jpg


日本全国どこにでもあるモスバーガー。

こういう店舗は珍しい(?。



b0203919_16143872.jpg



b0203919_16151490.jpg


オレンジ色の壁がオバサンB好み。
                         ガラスの模様もおしゃれ~~~。


b0203919_16155780.jpg



b0203919_16174927.jpg


ひさしぶりにこの道を通ったら、店が変わっていました。

壁面にはう蔦の葉は昔と同じ。

b0203919_16182014.jpg



b0203919_16194898.jpg




b0203919_1620146.jpg


~ふらふらと歩く裏道。
静かで新鮮で楽しい~~~^^♪。
by marorin088 | 2015-04-15 08:08 | ◆~とある風景 | Comments(2)

~2015・桜見 (小倉城界隈)

b0203919_23175836.jpg


                                                ✿小倉城と桜の図
~2015年4月2日(木) 14:40頃。

地元のニュースでは、このところ桜の開花予報ばかり。
北九州市の小倉城(勝山公園)が今満開!ということ。


b0203919_2320778.jpg


                                                ✿桜のアーチの図
やっと桜が開いたものの、連日の雨・雨・雨☂・・・・・。
おまけに今年は異常に寒い><;;;。

本日はひさしぶりに天気がよく、
仕事は昼でおわりだったので花見へまいりました。


b0203919_23212362.jpg


おおお~~~!満開!。

b0203919_23222221.jpg


それでは、小倉城界隈を花見散策いたします。    
                          

b0203919_23231896.jpg


                           ✿NHK北九州放送局前の桜(リバーウォーク内)の図


b0203919_11301818.jpg


                       ✿井筒屋百貨店と紫川に架かる水鳥の橋(鴎外橋)と桜の図

b0203919_11304560.jpg


                           ✿カバのオブジェの上、スマホ?をする女子3人の図。
                   この「カバの親子」の作者は富山県の彫塑家・畑満(はた みつる)氏。

b0203919_113122100.jpg


                              ✿八坂神社入口の鳥居から小倉城を眺めるの図。

b0203919_11315184.jpg




b0203919_11332778.jpg


                             ✿リバーウォークへと向かう(?)春のカップルの図。

b0203919_11335933.jpg


                           ✿リバーウォークをバックに外堀の水面に映る桜の図。
by marorin088 | 2015-04-13 08:08 | ◆福岡県(北九州) | Comments(0)

~3月の温泉旅。(川棚の杜) 

b0203919_18265165.jpg


~2015年3月27日  12:40頃。
山口県・川棚温泉を散策中。

今回の目的地である建物へ到着。
中へ入ると・・・・。

うわあぁ~~~!
とっても美しいダクト※の景色。


※ダクト
気体を運ぶ管であり、主に建築物内で空調、換気、排煙の目的で設備される。
エアダクト、風導管、通風管とも。           (ウィキペディアより)


b0203919_18321946.jpg


■小交流室
こちらはCafeにもなっています。


b0203919_1833955.jpg


■大交流室
(コルトーホール)

音楽・芸能、展示などなど幅広く活用できるスペース。


b0203919_18351199.jpg


たくさんのダクトが、音楽を奏でているかのような景色ですね♪゜・*:.。. .。.:*・♪


b0203919_18364473.jpg


■まちなか広場(杜の広場)

野外イベント等の利用。



b0203919_18373963.jpg


こちらの彫刻はアルフレッド・コルトーさん。
とっても有名なフランスのピアニストだそうです。


※アルフレッド・ドニ・コルトー
(Alfred Denis Cortot)1877年9月26日~1962年6月15日)
20世紀前半のフランスを代表するピアニスト、指揮者、教育者、著述家。

★アルフレッド・コルトーへ

b0203919_1838319.jpg




b0203919_1839767.jpg


川棚温泉の地をいたく気に入ったコルトーさん。

厚島(あつしま)という無人島を譲り受け、「孤留島(コルトー)」と命名。
当て字の漢字がとてもいいですよね。


b0203919_1840277.jpg




b0203919_18415980.jpg


この建物、厚島をイメージしてるのですね。

とても素敵な建築物でした^^y~。

b0203919_18425231.jpg


◆建築家
隈 研吾 (Kengo Kuma)
川棚温泉でまず何より感じたのは、自然の力強さ・美しさです。
訪れるたびにふとした瞬間に、さすが山頭火が愛した場所だなと感心させられる、
自然の豊かさがあります。
この「川棚の杜」は、
そんな豊かな自然と呼応するような有機的(ORGANIC)な建築になることを目指して設計しました。
                                                 (川棚の杜 HPより)

★川棚の杜へ
by marorin088 | 2015-04-07 21:39 | ◆山口県 | Comments(0)

~3月の温泉旅。(立方体)

b0203919_21221197.jpg


~美しい立方体の建造物。

はて?さて?これは一体何???。
by marorin088 | 2015-04-05 21:36 | ◆山口県 | Comments(0)

~20年ぶりの再訪⑭。(中原中也記念館)

b0203919_11393771.jpg


~2015年2月13日 10:30。

宿泊先を10時にチェックアウト。
本日も風が強く、かなり寒いです。お天気がいいのが救いですが・・・・・。

目的地よりちょっと(けっこう)離れた、無料駐車場へ車を止め歩きます。
(駐車場にはほとんど車が止まっていませんでしたが^^;。)



b0203919_11401196.jpg


5~6分ほど歩いて到着。

ああ~こちらへ来たのも20年ぶり。
懐かしい~~~と思いきや!。
ここ【中原中也記念館】が開館したのが20年前!?。

偶然とはいえビックリです。


b0203919_11403333.jpg


20年前に女友達と、
萩だったか津和野だったかに行った途中に寄ったような・・・・。

オバサンBが中原中也が大好きだったので立寄ったと思います。


b0203919_1141219.jpg


中学の頃けっこう詩が好きだったオバサンB。
(文学少女ではありませんでしたが^^;。)

国語の教科書に中原中也の「吹く風を心の友と」いう詩がありました。
その詩を読んで若かりしオバサンBは感動!。

即、中原中也の詩集を買って読みふけっておりましたね。


b0203919_11423850.jpg


ここ山口市湯田温泉で生まれ中原中也は30歳で夭折。

早すぎる死でしたが、350篇以上もの詩を残しています。


b0203919_1143997.jpg


建物は斬新。
館内はとてもきれいで中原中也の詩などを見やすく展示してあります。

平日でしたが、
意外と館内に人多し。

中也関係の本、資料等が数多くあり、
また図書室や視聴室などもあって、中也ファンにはたまらない空間でしたよ^^y~~~。

b0203919_12423094.jpg




(吹く風を心の友と)  中原中也

吹く風を心の友と
口笛に心まぎらはし
私がげんげ田を歩いてゐた十五の春は
煙のやうに、野羊のやうに、パルプのやうに、

とんで行つて、もう今頃は、
どこか遠い別の世界で花咲いてゐるであらうか
耳を澄ますと
げんげの色のやうにはぢらひながら遠くに聞こえる

あれは、十五の春の遠い音信なのだらうか
滲むやうに、日が暮れても空のどこかに
あの日の昼のまゝに
あの時が、あの時の物音が経過しつつあるやうに思はれる

それが何処か?――とにかく僕に其処へゆけたらなあ……
心一杯に懺悔して
恕(ゆる)されたといふ気持の中に、再び生きて、
僕は努力家にならうと思ふんだ――


★中原中也記念館へ



by marorin088 | 2015-03-02 12:37 | ◆山口県 | Comments(2)

~20年ぶりの再訪⑪ (山口ザビエル記念聖堂)

b0203919_20351981.jpg


~2015年2月12日 15:30頃。

第3目的地へ到着。

■山口ザビエル記念聖堂

20頃年ぶりの再訪。
以前の教会とはまったく別ものになっていました。

この教会、平成3年9月5日に焼失。(不審火という説)


b0203919_2045268.jpg




b0203919_212008.jpg




b0203919_21275317.jpg


~再建された聖堂は、
イタリア人神父のコンスタンチノ・ルッジェリと、建築家ルイジ・レオニのデザインによるもの。

高さ53mの2本の塔とテントを模した大きな屋根が全体を覆う構造をもつが、
これについては「神が私たちと一緒におられるしるしとして、
教会の形をテント(幕屋)にし」「二つの塔が天にのびることによって、
サビエルを記念するだけではなく、
現代の人々に神様のことを強く思い出させる形」を意識したものだという。
                                               (ウィキペヂアより)


b0203919_20461871.jpg


~教会の中は撮影禁止。

献金(心づけ¥100)を箱に入れ、いざ見学。

中へ入ると・・・・・。
すばらしい!!!すごい!きれい~~~!!!。
かなり斬新なデザインの教会です。

これまたすごく斬新なパイプオルガンが「運命」を奏でていました。(感動!)




b0203919_21232535.jpg


b0203919_2047655.jpg


もう、エヴァンゲリオンのようですな^^y~~~。



b0203919_204822.jpg





b0203919_2050437.jpg


◎井戸端で説教をするフランシスコ・ザビエル。



b0203919_20511350.jpg




b0203919_20525038.jpg


*フランシスコ・デ・ザビエル

(スペイン語: Francisco de Xavier または Francisco de Gassu y Javier)

1506年頃4月7日 - 1552年12月3日)
ナバラ王国生まれのカトリック教会の司祭、宣教師。イエズス会の創設メンバーの1人。バスク人。

ポルトガル王ジョアン3世の依頼でインドのゴアに派遣され、
その後1549年に日本に初めてキリスト教を伝えたことで特に有名である。

また、日本やインドなどで宣教を行い、
聖パウロを超えるほど多くの人々をキリスト教信仰に導いたといわれている。
カトリック教会の聖人で、記念日は12月3日。
                                        (ウィキペヂアより)


b0203919_20535523.jpg




b0203919_20545266.jpg




b0203919_20554576.jpg




b0203919_20564310.jpg


◆ルルドの聖母マリア

ルルドは、南フランスのピレーネ山脈の有名な巡礼地。
1858年、ベルナデッタ・スピルという14歳の貧しい女の子にマリア様が何回も現れたことを記念。

その場所は洞窟のような所でマリア様が現れると間もなく泉が湧き、
多くの人達が水を飲みにきてたくさんの病人が癒されたそうな。

1901年に素晴らしい教会が建てられてから現代に至るまで多くの巡礼者が訪れ、
このようなわけで、各地にマリア様のグ□ット(洞窟)が建てられるようになった。

                           (山口ザビエル記念聖堂HPより)



b0203919_20575658.jpg



~20年前に訪れた時は、
シンプルでかわいらしい教会でした。

今回、なにもリサーチせずに新しくなった教会へ。

あまりの様変わりにかなりびっくり!!!
さすがイタリア人の斬新なデザインにまたまたびっくり!。

オバサンBとしまては、とっても大好きな建築物でした^^y~~~。





★山口ザビエル記念聖堂へ
by marorin088 | 2015-02-25 22:45 | ◆山口県 | Comments(2)

~20年ぶりの再訪⑥ (沈流亭)

b0203919_2138283.jpg


~2015年2月12日(木) 12:50頃。

ふらりふらりと香月公園内を散策中。

こちらのいい感じの建物。
喫茶店か食事処かしら・・・?と思いきや。



b0203919_21515642.jpg




b0203919_2153186.jpg


■沈流亭(ちんりゅうてい)

幕末薩長連合を推進するため、
慶応3年(1867)9月薩摩藩の重臣小松帯刀、西郷隆盛らが続々と山口にやってくる。

当時道場門前にあった安部半助方の枕流亭の2階で会見し、
盟約がなって、幕府を倒す連合討幕軍の結成を誓う。

枕流亭は、その後2、3度移築され、近年修理されてこの地に移された。
                                      (山口市観光情報サイトHPより)

~靴を脱ぐのが面倒でしたので、中には入らず^^;~~~。
by marorin088 | 2015-02-16 22:39 | ◆山口県 | Comments(0)


最新の記事
at 2017-11-02 18:41
at 2017-11-01 22:06
~「昔の光 今いづこ」 岡城..
at 2017-08-22 11:22
~2017年1月17日のこと。
at 2017-01-23 17:16
~2017・HAPPY NE..
at 2017-01-02 16:20
~美しきもの。Ⅳ
at 2016-10-20 11:35
~美しきもの。Ⅲ
at 2016-10-03 23:11
~美しきもの。Ⅱ
at 2016-09-12 15:16
記事ランキング
最新のコメント
~3740sさん。 こ..
by marorin088 at 23:34
愉しい写真ブログ。 ど..
by 3740s at 16:49
~kumanashiさ..
by marorin088 at 14:26
確かに、めちゃめちゃリー..
by kumanashi at 18:37
~kumanashiさ..
by marorin088 at 16:18
29,000km・・・と..
by kumanashi at 23:47
~ kumanashiさ..
by marorin088 at 22:45
美味しそう(^^) も..
by kumanashi at 10:59
Blue skyさん..
by marorin088 at 16:22
初めまして! NEWO..
by Blue sky at 13:29
フォロー中のブログ
ブログジャンル